<   2005年 07月 ( 24 )   > この月の画像一覧
監督不行届-----安野モヨコ
監督不行届
安野 モヨコ / 祥伝社
オタク知識のある人の満足度:★★★★☆
オタク知識のない人の満足度:★☆☆☆☆
総合評価:★★★☆☆

-----読み進めるには、多少のオタク知識の必要。-----

お題:もし、この二人に子どもが生まれたとしたら??

妻「まさか、自分家の子主演自主制作映画?
自分家の子主役の絵本?自分家の子主役の漫画・・・」

やってしまうかもしれないじゃぁないですか!!

夫「いや、きっとやってしまうんだ・・・」

しかも全勢力を傾けて、オタクの英才教育をしてしまいそうじゃないですか!

妻「そ、そんなことになったら・・」
夫「そんなことになったら?」

妻「・・・・楽しそう!!」
夫「ヨシッ!!」

【加藤レンジャーの一言】
温かい人たちです(^U^)
この暖かさが夫婦って感じ(笑)

今回のレビュー、加藤自身かなりオタッキーかもしれません!!
というかオタッキーです!!(笑)要注意です!!


出版社 / 著者からの内容紹介
初のエッセイコミック!!
番外編を描きおろし!!

マンガ界のクイーン・安野モヨコが
オタクの教祖・庵野秀明にヨメ入り!
単行本化にあたり、大幅加筆修正

描きおろし「結婚秘話」収録!!
超詳細!!オタク用語2万字解説
(GAINAX全面協力!)
カントクPHOTO掲載!!
庵野監督カントクくんを語る!

出版社からのコメント
人気漫画家・安野モヨコ(働きマン!)と夫・庵野秀明のデイープな日常が赤裸々につづられた爆笑異色作。著者初のエッセイコミックでもあり、夫=カントクくん(「新世紀エヴァンゲリオン」「キューティーハニー」等の監督)のオタクぶりが初めて明かされた作品でもあります。アニメ界と漫画界のビッグカップルが、こんなにもおかしく愛おしいオタク生活を送っているなんて!世界中に生息するオタク君はもちろん、オタ嫁(オタク夫を持つ妻)も共感すること間違いなしの衝撃作。巻末には、よりコアに楽しむために‥オタク垂涎!?のオタク用語解説2万字を収録、ファン待望のエッセイコミックです。特別版はカントクくん&ロンパースのかわいい携帯ストラップがつく限定発売です。
※「監督不行届」通常版は840円、携帯ストラップの付いた特別版は1800円。(いずれも税込みです。)大増刷出来、ベストセラー驀進中。

オタッキーなレビューであります・・・>>
[PR]
by katoren | 2005-07-31 20:23 |  【見て学ぶ】漫画
答えのない質問、様々な視点から---【返信記事】
 返信を記事にして取り上げてみました(^^)私も色々考えさせられたので(^U^)
 (この問題を知らない方へ・・・[[[[[こちらの日記]]]]]をご覧下さい。)

 コメントの一部をピックアップ。

>>Commented by----------100_shikiさん
>>Commented by----------樹里さん
<<Re: by----------加藤レンジャー
(100_shikiさんのコメントを、樹里さんを、加藤の返信をとします。)

問題:自分の友達にお金を借りて逃げた子が、もしも自分の所に助けを求めて来たなら??


□100_shikiさんのコメント>>まず自分なら逃げ込んできても金銭的な面では協力しませんね。助けてあげられることと言ったら、アドバイスを与えるくらいでしょうか。人って簡単にお金が手に入ると、欲が出てしまうもんなんですよ。次から次へと。借りたお金は返す、それが第一だと思う。その努力すら出来ないようだったら、その後の手助けも意味ないと思う。キツイ言い方かもしれないけど、友人にお金を借りて逃げたような人の心配をするほうが、人が良すぎるような気がします。(気にさわったらごめんね><)

□樹里さんのコメント>>困っていたとしても僕も巻き込まれてしまう危険もあるわけで(相手が相当危険な極論の場合)。それを解って相手が来たとしたら僕のことを大切に考えてないと思わざる得ないかもしれません。金銭面では当面の生活費程度は渡すかもしれませんが、それ以上のことはしないと思います。

■加藤の返信<<この問題を、私なりによく考えたんです。私は、AIちゃん曰く「甘すぎる」性格上、どうしても『この子にはまだ改善の余地があるのではないか』という事を思ってしまう部分があります。(甘過ぎですね。人が簡単に変らないと言うのは十分解ってはいるのですが)だから、最後の情けで、もしも何事があったときに私に被害が無い程度の距離を持って、しばらくの間接し、その間に徹底的に話を聞きます。【なぜあの事件を起こしたのか】【今は、それについてどう思っているか】【これからどうするつもりか】そしてその話の中で、本当に救う余地があると自分が判断したならば受け入れ、多少の事は面倒をみても良いと思っています。あとアドバイスと。例えばその間に私のサイフを盗んでまた消えたとしたなら、それはもう、その子が悪いと責めるのではなく、『この子に改善の余地がある』と判断した私が悪いので、納得も出来るというものです(笑)改善の余地がないと考えた場合は、冷たいかも知れませんが、全ての援助をスッパリと切らせて頂き、金が返せないのなら警察に行くべきだと言います。何故、騙された人たちががあなたを警察に突き出さずに黙っているのかを考えろと言います。
 けれどこの方法には、人間を的確に見る目が必要になると思うのですが、今の私のそれでは、間違った判断を下しそうであります(苦)


□100_shikiさんのコメント>>結局、お金を貸してしまったほうにも非はあるんですよね。真実はわかりませんが、本当に困っていたのなら、貸す前に違った解決策等を考えてあげたのだろうか?

■加藤の返信<<私は当事者ではないので、その部分はよく解らないのですが、ピノキオ君が、下のような事をその子に聞いたらしいのですが、どんどん口をごもらせていったらしいです。最後には適当な物言いで切られたらしいです。
「事故なのか?それともぶつけたのか?」
「破損状態はどんなもんだ?」
「何にぶつけた?公共物?私有物」
「むこうの被害状況は?」
「私有物なら持ち主と話し合ったのか。まさかバックレたんじゃないだろうな」
「保険に加入してるのか、加入してるなら連絡したのか」
「何も対処していないなら手伝ってやるから、取りあえず現物を見せろ。
先にお金の話を持ってくるというのは、話の順番が間違っていないか」

 お金を貸した人にこういったことに関するの知識がなかった事もあるのだとは思うのです。けれど、無知が言い訳になる訳ではありませんので、貸してしまった人にも非があると思います。ただ、100_shikiさんのおっしゃるとおり、友達ならば、他の改善策を提示する人が居ても良かったと思います。(居たのかも知れませんが、私には解りません・・)
 ・・・ピノキオ君のように、話を掘り下げて一緒に考えようとした人に適当な物言いをした所を見ますと、悲しいことに、この車の話が本当であるという事が疑わしく思えてしまうのです。


□樹里さんのコメント>>逃げたときに僕の所に居座らせるかを考えると、相手が僕のことを本当に大切に思うなら居座らないのではないか?と考えます。この場合の優しさ=自己犠牲は自分の身内、大切な人たちにも危険が及ぶと考えるのが妥当だと思います。自己犠牲が自分にとって相手にとってどういうことなのか?を考えてしまいます。

■加藤の返信<<居座らせるかというのは、大変難しい問題ですよね。私の場合、自分の下した判断(このときは、改善の余地があると判断したと想定して)が間違っていたときに危険にさらされるのは、自分だけで十分かと思います。ですから私のように実家を離れていたり、一人暮らしをしている人ならばまだ居座る事をOKするかもしれませんが、家族が絡んでいたなら私は居座らせることは絶対できませんね(苦)冷たいようですがこれは私の最低条件です(><)
 自己犠牲というのは結局自分の気持ちの持ちようなのですが、やはり賢い考え方をして、自分に被害がないように、自己犠牲と同時に自己防衛線を張ることが大切だとは思います。


*---*---*


 100_shikiさん、樹里さん。意見を有り難うございましたです!!そしてこの問題を少しでも考えて下さってた、このブログをご覧のみなさま。本当にありがとうございました。
 このように、答えのない問題というのはありふれているものであり、だからこそ今は、それらを様々な視点から真剣に考えることが大切なことなのではないか、と、私は思うのです。今の社会問題の討論に大切なのも、そういったことなのではないでしょうか。お国のお偉い方々は、見る視点が偏ったまま、解答を急ぎすぎているように思うのは私だけでしょうか。

*---*---*


【関連情報】
NEVER MIND 100_shikiさんブログ
retrou備忘録 樹里さんブログ
[PR]
by katoren | 2005-07-29 12:26 | □徒然なる日記
皆さんも一緒に考えて下さい-----【7/27の日記】
 今日は信頼している友達の一人であるAIちゃんと会いました。
 その子と話すと、いつもマジトークになる加藤。きっと加藤のことをよく知っているので、私も何も気遣うことなく話が出来るのでしょう。
一応こんな感じの子。↓描いてみたら思いの外似ていたのでビックリ。笑。
d0054491_2062592.gif

 リキ入れてるときと、入れていないときで顔と髪の色が全く違う子。上はリキ入れバージョン。リキ入れてないときは本当、「どこのオバサン?」(って自分で言ってました)(笑)
 常にやる気というものが無いのだけれど、やっぱり基本的なところはキチンとしている子で、私と比べて、人として出来ているなって思うんです。
 AIちゃん曰く、私は「頭ぁ無駄にいいのに、人としてパア。だからアンタは人にバカとかアホとかマヌケって言われるんだよ。」だとか(笑)ああ、そうかもしれません(笑)でも、どうだろう、考えるべきトコロは考えるのですが、たぶん、馬鹿って言われて良いって、自分で思ってるのかな。(笑)馬鹿な自分が好きなのかな(笑)

 そして話は友達の話に。そこで、加藤は思わぬ事実を知りました。

シビアな話を見ます>>シビア禁止令(笑)
[PR]
by katoren | 2005-07-27 22:04 | □徒然なる日記
さまざまなこと-----【7/26の日記】
 さぁ、今日の午前中は、久しぶりに安眠しました。友達の布団はフワフワで、グッスリでしたー(^^)最近ずっと徹夜続きだったので、凄く疲れていたんです。(加藤はいつも徹夜だなぁ)徹夜といっても殆ど飲み会の足(車係)ですが(笑)←最近私は「介抱する楽しさ」が解ってきました(笑)お酒は、飲んでも飲まれなくなりました~(^^)エライッ!!前とちょっとは変わったかな(^^)ちょっとだけ前進です。

 そして昨日のことですwこのブログを見て、友達が心配してくれて。「足大丈夫?ガクプル」って(笑!!)面白い画像添付して送ってくれたんです(爆笑)
d0054491_16504593.jpg
↑これ、その一部(笑)ごめんトトちゃんやっぱり載せちゃいました(笑)うふふ。
 一気に治りましたよ(笑)面白い!!(><)私はいい友達たくさん持って幸せものだなぁ!!ありがとうトトちゃん!!(^^)

【関連情報】
 トトちゃんのブログ無重力日記
 トトちゃんHP本館Gravity*ZERO

 今日の昼、元彼さんとその友達に、学校で会いました。そういえばそういったメールがきていたなぁと思いながら(^^)向こうが研究室に来たんです(笑)元彼さんが一発目、「おー」と言ったので、私が「やっほポーイ!」って返したら、爆笑されました(笑)「何それ、また流行らせるとか言ってるん?」って突っ込まれたので「もちのロン!!」って言ったら、元彼の友達さんたちにも笑われました(笑)

 就職して周りのものが凄い勢いで変わっていく中で、ここは(学校含め私たちは)何も変らないんだなぁと言っていました。
 強く安心するそうです。私も安心しました。少ししか話していなけど、みんな変らず優しくて面白くて、楽しかったです。

 前元彼さんと会ったときは、凄く悲しい気持ちのなったのですが(”さざ波”の記事参照)今日は、とてもよい気持ちで会うことができました。不思議なくらいにスッキリしていて、あの時のモヤモヤが嘘みたいでした。なぜでしょう。
 今日は、そんな自分にご褒美でソフトクリーム(ホットスパーで、250円)買ってあげます(^^)よしっ。
[PR]
by katoren | 2005-07-26 17:47 | □徒然なる日記
働きマン2-----安野モヨコ

働きマン 2 (2)
安野 モヨコ / 講談社

為になる度:★★★★★
満足度:★★★★★
総合評価:★★★★★

----一巻に比べて、視野が格段にグローバルになっている
もはやテーマは”働く女性”ではなく”現代社会”になりつつある。
----

”逃げまどう人々、命がけで助ける人々、
テレビでも観るかのような顔で携帯のシャッターを押し続ける人”

『伝えたいのは何だ?
あおられただけで後続車に殺意を抱く運転手
自分だけが前に進めればいいとルールを無視するドライバー
そして生死の境を「写す」ことでしか認識できない人々

今の世の中はだいぶ狂ってきている

本当はみんなそう感じている。だけどどうしていいかわからない。何もできない。

それがこの一枚の写真に込められているんだ』


紹介文
 『働きマン』安野モヨコ主人公は、雑誌編集部でバリバリ働く松方弘子(28歳)。締め切りに前になると、『男スイッチ』が入り、食事、睡眠、恋人..etc仕事以外のことが全て目には入らなくなり働きまくる『働きマン』となる。
 講談社発行「週刊モーニング」に月1回連載中の作品です。

紹介文(シュガシュガルーン大辞典より)
 週刊誌の編集者である松方弘子。彼女を中心として、恋人や同僚、上司との関わり合いを仕事を通して描かれてゆく。時には協力し、時にはぶつかりながらも相手を理解し、そしてもがき苦しみながらも仕事を成し遂げるのは「働く事が好きだから」。さまざまな「働きマン」たちの奮闘ぶりを描いたこの物語は、全ての仕事をする人々へのビタミンとなるような、爽快な読後感がある。

作者紹介 『安野モヨ』
 1971年3月26日生まれ。漫画家の小島功の姪。高校卒業と同時に、講談社「別冊フレンド ジュリエット」にてデビュー 。岡崎京子のアシスタント時代を経て、『TRUMPS!』を開始。『ハッピー・マニア』において名実共にブレイク、テレビドラマ化もされた。
 2002年、『新世紀エヴァンゲリオン』『キューティーハニー』でおなじみの庵野秀明と結婚。エッセイマンガ『監督不行届』にその日常が綴られている。

【加藤レンジャーの一言】
 最近読んだ別の本で、ある人が言っていた。
 『自己と戦いを始めた者は、自分が価値ある人間だと証明したことになる』
 (英国の詩人、フラウニング)

 「働きマン」に出てくる人々は、全員、自分と戦っている。
 最終的に、戦うべき相手は自分なのだ。
 それは全て、自己啓発の手本となる姿勢であり、
 ここに出てくる人の全てが、私の目指す『先輩』に位置する。


レビューを見ます>>
[PR]
by katoren | 2005-07-25 21:01 | □お勧め(総合評価★五つ)
次のスキンができました---【7/24の日記】
d0054491_1142729.jpg

 昨日の夜、アソビから帰ってきて夜な夜な作りました。公開するのは8/7~8/9のどれかの日にちでアップしますね(^^)それから一ヶ月間そのスキンで行きます。それまでに微調整します。今回はほとんど全部素材を一から作りました。だって黄色い感じの無かったし・・(><)とてもお気に入りな感じに仕上がっているので、楽しみにして下さいです!!

日記の続きを読みます(ちょいグロ)>>
[PR]
by katoren | 2005-07-24 12:21 | □徒然なる日記
電波男-----本田透
電波男
本田 透 / 三才ブックス
満足度:★★★★☆
総合評価:★★★☆☆
amazonオススメ平均:★★★★?
(?・・・星半分)

---完全に、読む人を選ぶ本。
しかし、選ばれなかった人にこそ、最後まで読んで欲しい
---

”親に虐待された人間は、親になれるのだろうか
親に愛されなかった人間は、自分の子どもを愛することができるのだろうか。他人を愛することが、できるのだろうか。
俺が悪いのか・男が悪いのか。母が悪いのか。母を捨てた男が悪いのか。母を憎んだ俺が悪いのか。
男と女が愛し合えるのだろうか。やはり無理なのだろうか。それでも俺は本当の愛が欲しい。

だが女は、誰一人として俺を理解しなかった。罵り、喚き、そして俺の名前や作品のアイディアを勝手に盗んだ。
俺と同じ名前のヒロインが少女漫画誌に登場したのを見たとき、

もう、何を言っても、女には伝わらないのだ、と、俺は思い知らされた。”

”愛されずに人殺しになる人間が居る
愛されなくても、オタクになっておとなしく生きている人間が居る”

【加藤レンジャーからの一言】
 オタクであることで、自分と、そして周囲を守る。
 誰も信じない。裏切られない。傷つかない。これが筆者の生きる術。
 この、自分の弱さを超人並みの精神力で強さへと変えた筆者の答えが、
 私には一種の悟りのように思えるのだ。
 それが万人に理解されなくとも、 いくら周りから見て孤独であろうとも、
 彼等はこれっぽっちも”自分が孤独”等と思っては居ない。

 むしろ我らこそが”勝者”なのだ、と。


(今回のレビューは、社会問題・性・犯罪と結びつけて書いていきたいと思う)

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
本田 透
1969年神戸生まれ。早稲田大学卒。出版社勤務の後、フリーライターとなる。1996年よりWebサイト「しろはた」を運営。『新世紀エヴァンゲリオン』をネタにした「日刊アスカ」は一部に多大な影響を与えた。2004年に「キモメン王国」の建設を宣言し、モテない男達の聖地となっている。現在は脳内の妻や妹との会話を中心にコンテンツを更新

d0054491_1942122.jpg


【宣伝】
左画像のクリックで試し読みに行けます。

【関連情報】
「しろはた」著者HP

レビューを見ます>>かなり長いです。
[PR]
by katoren | 2005-07-23 23:44 |  【読書で学ぶ】小説・哲学
このブログに足りないもの・・・【自己紹介(笑)】
再更新日---2005/07/22[更新内容]顔写真追加

 うーん、、このブログって何かが無いよなぁ??と加藤レンジャーは日々思っていた訳です。それがやっと解ったのですね(^^)自己紹介が無いんですね!(のろい)
d0054491_1717398.jpg

d0054491_9165529.jpg
↑無難なショット。なんか頬に線がいってますが、何だろう?泣いてないのに?たぶん髪の毛です。
(加藤レンジャー)

名前 : 加藤レンジャー
血液型 : BのようなA
生息地 : 愛媛
春からは某車会社に、エンジニアとして勤めます。
自己啓発がしたくって、ブログを立ち上げました(^^)
ですから、私はブログ初心者ですw


 ↓に、五十の質問を答えてみました(^^)自己紹介って何を書けばいいのかいまいち解らなかったので・・(><)

 少しでも加藤レンジャーという女を解って頂けたら幸せだなぁ。。だなんて思いつつ、です(^^)

五十の質問に答えてみたのです>>
[PR]
by katoren | 2005-07-22 13:10 | □自己紹介&ヒストリィ
つ、、疲れた・・・---【7/21日の日記】
 昨日今日と遊んだのですが今は凄く疲れてしまっておりまして。じつわ二日連続プチオールだったもので・・・。そして今日も友達を都会まで連れて行く&私もついでに遊んで帰るので、三日連続プチオール・・。ちょっと仮眠はとったのですが、さっき足りないなぁと思って、研究室の椅子を三つ繋ぎ合わせてその上で一時間ほど寝ていました。たいがいタフですね私も。全力で遊んでますね・・笑

 明後日は久しぶりに実家に帰ります。めちゃめちゃ久しぶりです・・。帰ったら猫に癒されたいです(笑)

 >>昨日の夜ピノキオ君から電話があったのですが、結構慌しくて(苦)出られなかったんです。そんでその後すぐに電源が切れて・・・という感じだったのですが、今日の朝充電して折り返し電話をかけました。普通~~の会話だったのですが、凄く癒されてしまって(笑)あと凄く色々なことの心配をしてくれました。ありがとぉ(><)))

 ふー・・・とりあえず今からご飯買って船に乗って地元帰りますね。明日は加藤の写真をばプロフィールに付け加えようかと思います。といっても無難なアングルで・・・笑。
 それではまた(^^)ww
[PR]
by katoren | 2005-07-21 17:24 | □徒然なる日記
恋愛下手で御免なさい---【7/19の日記】
 ふはぁ(><)緊張したのですよ緊張でした、、。
 結局加藤レンジャーはアワアワしながらジーパンにTシャツというなんとも普通すぎる格好で挑みました(笑)戦争しに行くんじゃないんだから!!なにそんなに構えてるの!!って自分に喝を入れたい気分でした…(笑)

 もうサイトの主旨を無視してしまっている《二十歳の読書感想文》これではむしろ《二十歳の恋愛相談室》になりかけていませぬか??(笑)それはそれで置いておいて、ご報告をば…です。

 初めは意味なく戸惑っていたのですね。
 ↓みたいな感じです…、加藤、、二十歳にもなってこりゃないよぉ、、と思いながら。まるで中学生(うわーん)ピノキオ君は凄くマイペースでノホホンとしている人なので、そんな私をノホホンと見てくれていました(><)私ってば、な、情けない・・・
d0054491_1833486.gif

 「ごめんよ急に!」byピノキオ君…みたいな話が終わって、本題に。

今日の出来事を見ます>>
[PR]
by katoren | 2005-07-19 18:59 | □徒然なる日記