面白CM『アミノサプリ』シリーズ----【7/18の日記】
 うわわ~です。最近は面白いCMが多いのですよね!!前回の、ダイハツ「タントカスタム」に続き、「アミノサプリ」をピックアップしたのであります。加藤レンジャーは『戦隊モノ』に弱くて(だてにレンジャー名乗ってませんね)笑。それで、今回はちょっと気になるアミノサプリのCMシリーズなのです!!っていうか、アミノサプリのHP面白いんですね!何ですかあれはっ。面白すぎでしょう・・!!

こちらから飛べます→キリンビバレッジ[アミノサプリ]
{かっこいいときもある編}{いわずもがな編}{夏!!2005編}
の動画が楽しめます。
d0054491_16264055.jpg
 注目していただきたいのが、上に載せました「いわずもがな」編の、イエローの決めポーズです。↑↑↑立ってるだけですから!!残念ッ(><)いやはや面白いですね~~(><)これからのシリーズからも目が離せませんね(笑)
 ちなみに私はイエローが好きです・・何でしたっけ、無気力でしたっけ(笑)アホです・・笑
 なんだかCMピックアップが楽しくなってきた加藤レンジャーなのでした(笑)

続きを読みます>>
[PR]
# by katoren | 2005-07-18 16:49 | □徒然なる日記
さよならにもルールがある-----秋元康・柴門ふみ
さよならにもルールがある
秋元 康 柴門 ふみ / 角川書店
為になる度(女性):★★★★☆
為になる度(男性):★★☆☆☆
満足度:★★★★☆
総合評価:★★★?☆ (説明 : ?は、★半分の事)

”別れは突然やってきます
望んでも居ないのに一方的に別れを告げられるほど、辛いものはありません
特に、愛する人に裏切られ、傷つけられ、見捨てられる恋の別れは、肉親との死別につぐ程の苦しみとなるでしょう”

”病に負けないで
つまり、この本はそういった処方箋なのです。

あなたの病気が、早く治りますように”



出版社/著者からの内容紹介
なぜ恋は終わるの、思い出はつらいの? それでもなぜ人は恋をするの?

恋の始まりがあれば、終わりもある。別れの心のメカニズムを男の立場から秋元康が、女の立場から柴門ふみが綴った恋愛指南決定版。

内容(「BOOK」データベースより)
なぜ恋は終わるの?なぜ想い出はつらいの?それでもどうして人は恋をするの?はじまりがあれば、終わりもある恋。男性の立場から秋元康が、女性の立場から柴門ふみが、正しい恋の終わり方について解き明かす。どうしても自分を責めてしまうとき、失恋の涙がとまらないとき、彼の愛に疑問を感じたとき、速やかに男と別れたいとき、手にとって欲しい失恋の処方箋。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
秋元 康
1956年東京生まれ。作詞家。中央大学文学部中退。高校時代から放送作家として頭角を現わし、作詞家のみならず、CM・TV企画制作、映画監督としてもその多才ぶりを発揮

柴門 ふみ
1957年徳島県生まれ。お茶の水女子大卒。79年「少年マガジン増刊号」で漫画家デビュー。漫画、エッセイ、小説と多岐にわたり活躍中

【加藤レンジャーからの一言】
 「おお、恋愛の教祖様達の本がある!」と思って速攻手にとり、先日勢いで読んでしまった一冊(笑)
 イタイ!イタイです教祖様方!過去の痛手を思い出してしまいます!!

 『ああ、やっぱり私って男性に弄ばれやすい気性の女なんだなぁ・・』ガクリ。
 読み終わった後、「ああ、ホント、いい恋愛しよう」と何だか悟った加藤なのでした。


レビューを読みます>>
[PR]
# by katoren | 2005-07-17 20:13 |  【読書で学ぶ】小説・哲学
【7/15日の徒然日記】---日記大放出(笑)
 久々にこんにちはです、加藤レンジャーです。
 ここ最近日記を付けていなかったので、ここで一つ、ここ最近の日記をば付けようと思いますです♪

****水曜日の日記です(^^)

続きを読みます>>
[PR]
# by katoren | 2005-07-15 18:30 | □徒然なる日記
十二番目の天使-----オグ・マンディーノ
十二番目の天使
オグ マンディーノ Og Mandino 坂本 貢一 / 求龍堂
感動度:★★★★☆
満足度:★★★☆☆
総合評価:★★★☆☆


正直、後半を読むまでは総合評価:★★?☆☆くらいかな…と思っていた。
世間でのこの本の評価は、すこぶる高い。最後はその評価の理由が理解できる。

”毎日、毎日、あらゆる面で、私はどんどん良くなっている!!”

”絶対、絶対、絶対、絶対、絶対、絶対、あきらめるな!!”


【加藤レンジャーから一言】
 すべての、『諦めたくない人』に読んで欲しい。

 例えその姿勢が、それだけ惨めでも、哀れでも、最後に報われなかったとしてもいい。
 それが、誰かの胸を打つならば。

 頑張れば、感動なのだ。


Amazon.co.jp
40歳を前にして大手コンピュータ会社の社長にのぼりつめたジョン・ハーディングは、若き成功者として故郷に凱旋するが、その2週間後に妻子を交通事故で亡くしてしまう。絶望のどん底に突き落とされ、人生の目的を失ったジョンは、親友ビルのはからいでリトルリーグ・チームの監督として迎えられ、ティモシーという少年と出会う。試合でまったくヒットの打てないティモシーの成長を支えることで、やがて自身も立ち直っていくジョン。しかし、ティモシーには決して誰にも知られたくない秘密があった…。

著者は、『この世で一番の奇跡』(原題『The Greatest Miracle in the World』)や『あなたに成功をもたらす人生の選択』(原題『The Choice』)などの著作が、世界で3500万部以上も読まれている人気作家。本書は、社会的な成功を一度すべて捨て去り、改めて人生における真の成功とは何かを模索していく物語だ。読み進むごとに、ジョンの人生が知らず知らずのうちに自分の人生と重なり、家族や友人、故郷、仕事への思いが込みあげてくるのは、わかりやすいストーリーの中に、よりよい人生を生きるためのヒントを散りばめて読者の心を引きつけていく著者の力量のなせる技だ。

本書は、読む者によって「感動」の体験が異なる物語といえる。舞台であるボーランドの町が自分の生まれ故郷に、ティモシーの顔が幼いころに遊んだ友人の顔に、あるいは、自分の子どもの顔に見えてきたとき、読者は自分だけの、とても親密な「感動」を味わうことになるだろう。(中島正敏)

内容(「MARC」データベースより)
私の人生は素晴らしいものだった、ほんの二週間前まで。妻子を失い、絶望の果てに自殺を決心した私の命をそのとき、ある天使が救ってくれた…。全米が泣いたベストセラー小説。

レビューを見ます>>
[PR]
# by katoren | 2005-07-13 14:48 |  【読書で学ぶ】小説・哲学
頭がいい人、悪い人の<言い訳>術-----樋口 裕一
頭がいい人、悪い人の<言い訳>術
樋口 裕一 / PHP研究所
総合評価: ★★☆☆☆




”「人のふりみて我がふり直せ」と言われるが、このような(本書に書いてあるような)愚かな言い訳を聞かされたら、それを笑ってやるとともに、自分を振り返る視点を持ちたいものだ”

いえ(><)笑っちゃいけませんが(><)
でも自分を振り返る視点を持つことは大切。

【加藤レンジャーからの一言】
そもそも、「言い訳」とは必要の無いものだとは思っているのだが、
「賢い言い訳」というものを身につけるのも、今後役立つのではないかと思い、この本を手に取った。


出版社 / 著者からの内容紹介
「人のせいにする」「居丈高になる」「すぐ謝る」「ばれるウソ」等、言い訳一つであなたの評価が決まる。話題のベストセラーの続編!

人間だれしも失敗をする。約束を破ること、期待を裏切ること、つい口をすべらせて、相手を怒らせてしまうことなど様々だ。そんな時、<言い訳>ひとつで、ピンチを乗り切る人、墓穴を掘ってしまう人がいる。その差はどこか?▼本書では、巷にあふれる愚かな<言い訳>の実例をあげ、その傾向と対策を練る。▼たとえば、日常的によく聞く言い訳には、「その場しのぎのウソ」「先まわりの言い訳」「笑いでごまかす」……。できない部下や、いいかげんな上司の言い訳として、「ケアレスミスだと強調する」「体調のせいにする」「聞いてない、ととぼける」……。さらに、デートの遅刻や、浮気がばれた時には、「急な仕事のせいにする」「あくまで白を切る」「無視して黙り込む」……。思わず“またか”と呆れてしまう、愚かな人の言い逃れパターン。そう、あなたも身に覚えがあるはず。▼驚異のベストセラー『頭がいい人、悪い人の話し方』をさらにバージョンアップした待望の第2弾!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
樋口 裕一
1951年大分県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業後、立教大学大学院博士課程修了。仏文学、アフリカ文学の翻訳家として活動するかたわら、小学生から社会人までを対象にした小論文指導に携わる。通信添削による作文、小論文の専門塾「白藍塾」主宰。東進ハイスクール客員講師

続きを読みます>>
[PR]
# by katoren | 2005-07-12 17:21 |  【読書で学ぶ】小説・哲学
【7/10の日記】---男tanto(もこみち・・)byダイハツ
 うわわ、このCMいいよ~(><)と最近思ってるのがありまして。それが
尾崎豊の「I Love you ~ 今だけは哀しい歌~聴きたく、ないよぉ~」でおなじみ男タント本当の名前は「タントカスタム」。

d0054491_1229972.jpg
 早速ダイハツのHP行ってCM無料配信で見てきました(^^)
 ↓からムービー取得にいってください(><)もこみちくんが良いのですよ。
ダイハツ「タントカスタム」CMで気になるあの車


●おもしろフラッシュ
 カンヌ広告祭入賞「ダイハツ・タント」--バナーフラッシュ
 そしてまたまた加藤レンジャーは、面白い物を拾ってきました。
 カンヌ広告祭の入賞作品らしいですよ(笑)
 「車」の部分をクリックして下さいです(^^)

続きを読みますです!!>>
[PR]
# by katoren | 2005-07-10 12:32 | □徒然なる日記
【7/9の徒然日記】---模様替え終了&バトン
 模様替えが終了しまして、今は久しぶりの日記を書いております(^^)ふぅ。お疲れだね自分(笑)
 そしてですね、先程トトちゃんの日記ブログ「無重力日記」をまとめ読みしていた所、私の所に「ばとん」が回ってきた模様。
 ばとん・・ばとん・・・ばとんって、、
d0054491_21261110.gif

そうです加藤はブログ初心者。


続きを読みます>>
[PR]
# by katoren | 2005-07-09 22:28 | □徒然なる日記
世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド-----村上春樹

世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈上〉
世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド〈下〉

村上 春樹 / 新潮社

ストーリー性・背景:★★★★★
満足度:★★★★★
お勧め度:★★★★★
総合評価:★★★★★+
---流石、村上春樹は違う。素晴らしい知性の持ち主。---

”やがてその雨はぼんやりとした色の不透明なカーテンとなって私の意識を覆った。

眠りがやってきたのだ。


私はこれで私の失ったものを取り戻すことが出来るのだ、と思った。
それは一度失われたにせよ、決して損なわれてはいないのだ。

私は目を閉じて、その深い眠りに身を任せた。

ボブ・ディランは『激しい雨』を歌い続けた。”


内容(「BOOK」データベースより)上巻
高い壁に囲まれ、外界との接触がまるでない街で、そこに住む一角獣たちの頭骨から夢を読んで暮らす〈僕〉の物語、〔世界の終り〕。老科学者により意識の核に或る思考回路を組み込まれた〈私〉が、その回路に隠された秘密を巡って活躍する〔ハードボイルド・ワンダーランド〕。静寂な幻想世界と波瀾万丈の冒険活劇の二つの物語が同時進行して織りなす、村上春樹の不思議の国。

内容(「BOOK」データベースより)下巻
〈私〉の意識の核に思考回路を組み込んだ老博士と再会した〈私〉は、回路の秘密を聞いて愕然とする。私の知らない内に世界は始まり、知らない内に終わろうとしているのだ。残された時間はわずか。〈私〉の行く先は永遠の生か、それとも死か?そして又、〔世界の終り〕の街から〈僕〉は脱出できるのか?同時進行する二つの物語を結ぶ、意外な結末。村上春樹のメッセージが、君に届くか?


【加藤レンジャーからの一言】
 『ノルウェイの森』が『国境の南、太陽の西』に似ているというならば、『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』は『海辺のカフカ』に似ている。
 しかし、カフカ程簡単には、読ませてもらえなかった。

 そこには、ありとあらゆる勢いが存在し、ありとあらゆる静寂が存在した。
 それは意識と現実。
 本当の死とは、肉体を失うことではない。
 ”私”が静かに目を閉じたとき
 ”僕”は―――を選んだ。
 
 読み終わって一日も経ったというのに、未だに胸が熱い。

 私なら一体 何を選ぶだろう


レビューを読みます(リキ入ってます!!)>>
[PR]
# by katoren | 2005-07-08 18:08 | □お勧め(総合評価★五つ)
阿修羅のごとく-----向田 邦子
阿修羅のごとく
向田 邦子 / 文芸春秋
小説としての評価:★★☆☆☆
脚本としての評価:★★★★★+★
ストーリー性:★★★☆☆
満足度:★★★☆☆

-----小説でなく、脚本。-----

鷹男「阿修羅だねぇ」
勝又「え?」
鷹男「女は阿修羅だよ」
勝又「アシュラって何ですか」
鷹男「アシュラってのはインドの民間信仰上の神様でさ、外っ側は仁義礼智信を標榜してるんだが、-----気が強くて、人の悪口を言うのが好きでさ、怒りや争いのシンボルだそうだ」
勝又「戦いの神様って訳ですか」
男達は女達の後ろ姿に目をやる。
陣内がふっとため息をついた。「アシュラか・・」
鷹男「勝ち目は無いよ、男は」
鷹男が言ったとき、四人がいっせいに振り向いた。
女達「なにかいった」

【加藤レンジャーから一言】
彼女は”熟された女”を良く知っている。
そして”熟された女の魅力”を存分に感じされてくれる。
まるでそれは阿修羅のごとく。


出版社/著者からの内容紹介
父親の愛人問題にやきもきする四姉妹。だが、彼女たちもそれぞれ複雑な問題を抱えていた。赤裸々に描かれた家族のエゴと愛憎

内容(「BOOK」データベースより)
年老いた父に愛人がいた!四人の娘は対策に大わらわ。だが、彼女たちもそれぞれ問題を抱えていた。未亡人の長女は不倫中、次女は夫の浮気を疑い、三女は独身の寂しさに心がすさみ、四女はボクサーの卵と同棲、そして母は…肉親の愛憎を描き、家族のあり方を追求してきた著者の到達点ともいうべき力作。

目次
女正月
三度豆
虞美人草
花いくさ
裏鬼門
じゃらん
お多福

【追加情報】
映画版等の映像化されたものは、様々な賞を総なめにしている、まさしく傑作である。

レビューを見ます>>
[PR]
# by katoren | 2005-07-07 16:56 |  【読書で学ぶ】小説・哲学
【7/4の日記】---注意欠陥障害
 こんにちは(^^)今日も元気もりもり(え、古い?)加藤レンジャーです♪今、ドドドンの勢いで自己啓発する気持ちでいっぱいです!!でもこの半年はそれが目標ですから!!(^^)
 あ、この前の漫画のご報告をば(^^)無事ではありませんが何とか必死で元に戻そうと一生懸命になっていたところ、樹里さんのアドバイスもあり、このようにしていました↓
d0054491_1733940.gif


 そして部屋を掃除しました(^^)今は綺麗(^^)これからは、インテリアに懲りたいな(><)部屋を片付けられない人はこうすればいいのだそうです↓
 ・同じものは同じもので袋にまとめる
 ・まとめた袋を一つの引き出しにしまい、そして引き出しに、「この引き出しにはどの袋があるか」という情報を書いておく
 ・崩したくないほどのインテリアをする(笑)
 笑!!でもそうですね!私今までこういうのしてこなかったので。とてもいいきっかけになりました(^^)掃除キライの加藤レンジャーが楽しみながら掃除しています(^U^)良き兆しです♪

 すごい(^^)自己啓発、ちょっと前進です(笑)何事にも多少の余裕を♪

 この夏は、ビジネス本にハマリそうな予感。というか読んでおきたいです。ビジネス本は元々加藤レンジャーの好きな領域なのです。小説<ビジネス。
 ちなみに、私は図書委員で、皆に入荷して欲しい本を聞いて回ってのですね。(私のクラスは何気に読書家が多い)みんないい趣味してます(笑)多かったのは石田衣良でした(たぶん)

関連情報を読みます>>
[PR]
# by katoren | 2005-07-06 17:58 | □徒然なる日記