【アニメ】プラネテス || 制作・サンライズ
 オススメアニメのご紹介。
 加藤レンジャーはあまりアニメを見ない方なのだが、そんな加藤レンジャーが心奪われて夢中で見たアニメ。毎週、子どものようにテレビの前に座り、待ちわびたアニメ。必見です。
 一話一話に訴えるものやテーマがあり、無駄が無い。今まで見てきた中で最高のアニメだと思うし、自信を持って「傑作だ!!」と、星五つを付けることができる。


プラネテス 1プラネテス 9
バンダイビジュアル

為になる度:★★★★★
心に残る度:★★★★★
考えさせられる度:★★★★★+
総合評価:★★★★★+

------学ぶアニメ。
人間とは?夢とは?正義とは?国とは?富と貧困とは?人種とは?戦争とは?愛とは?偽善とは?
死とは?それでは、生とは?
そのなかで私はどうあるべきなのだろうか?
------


愛で全てが救われると、本当に思っているの?

このクソみたいな社会に、ついに馴染めなかった人は、どこへ行けばいい?

ああ、ああそうか。なぜ人は流れ星に願うのか分かった。
こんな時、こんな夜、つい空を見上げてしまうからなんだ。

愛し合うことだけは どうしてもやめられないんだ

全部俺のもんだ!
孤独も、苦痛も、不安も、後悔も!…もったいなくってなぁ!!
てめぇなんかにやれるかよぉっ!!!

宇宙からは国境線なんて見えないのに…


【加藤レンジャーからの一言】
 
例え貴方がどこに手を伸ばしても
そこに答えや助けなどはない。

まるで苦しみ続けろと
言われている様ではないか

私たちは永遠に、考え続けなければならないのだ。
それが私たちの運命であり、使命である様にさえ思うのだ


内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより) 第一巻説明
SFアニメの旗手・サンライズが新境地に挑んだSFアクションアニメのTVシリーズ第1弾。宇宙が身近なものとなった近未来を舞台に、宇宙のゴミ(デブリ)を回収する宇宙飛行士たちの日常と奮闘を描く。第1話「大気の外で」と第2話「夢のような」を収録。

詳細情報が気になる方は、一番下の【関連情報】から公式へジャンプ!!
詳しい説明が載っているよ!!

Amazon.co.jp
2002年の星雲賞を受賞した幸村誠のコミックを原作にしたTVアニメシリーズ。時は2075年、宇宙旅行が一般的になった時代、宇宙に漂うゴミ“デブリ”が大きな問題となっていた。職業宇宙飛行士としてテクノーラ社に勤務し、デブリを回収する仕事をしている主人公、星野八郎太(通称ハチマキ)と、新人タナベをはじめとする同僚たちが、宇宙で活躍するSF作品だ。
普遍性と独自性のバランスが絶妙な物語世界と、精密な考証によってもたらされるリアリティが、広大な宇宙へのロマンをかきたてる。同時に、大企業の日陰部署を舞台にした“職場モノ”でもあり、「会社員として、プロフェッショナルとして現実と折り合いをつけながら生きるということ」というテーマにも踏み込んだ点で、従来の“宇宙モノ”とは一線を画す、ユニークかつ志を感じる一作となっている。(安川正吾)



【加藤レンジャーのレビュー】

 考えるアニメ「プラネテス」。紹介文を見て解るように、簡単に言ってしまえば、宇宙のゴミを回収する仕事をしている人たちの話。このゴミをデブリといい、(これ本当に宇宙のゴミをデブリと言うんです)そしてこの問題は現在の地球で本当に取り上げられている問題なのだ。

 このアニメの素晴らしさはキャラクターにある。(あと背景と。)
 私はアニメや漫画、小説を見ていて、時々「あ、すごい、人間だ…」と思う人物に巡り会うことがある。リアリティがあり、価値観があり、ストーリーを通じてそれがよく伝わるものが、私は本当によい作品なのではないかと思うのだ。

:ここは読まなくてもいいです(笑)勝手な加藤のアニメ論(笑):
:ちゃちゃっととばしちゃって下さい:

 私たちの生活というのは、生きている私たちの感情や思考によって動いているのであって、決して生きていない情報に意図的に動かされているという事はない。(情報の背後に人が居たなら、また話は別だが)流行に捕まった若者も、自分の意志でそれを良いとして流行に乗っているのだから、世界は私たちの感情から来る判断で動いていると言っても良い。
 今のアニメ・漫画・小説に多いのが、それに反したものなのだ。ストーリーに感情が無理矢理動かされていたり(本来は逆で、感情の流れがストーリーを作る)、視聴率を意識したものは、私にとって感情移入が難しく、そこに『本人の意志』を見出すことが出来ない。逆に、制作者側の意図ばかりを思ってしまう時もある。
 言ってしまえば、キャラクターに「ねぇ、何でそうしたの?」と私が聞いた答えが、人間味を帯び、ストーリーを動かす事が目的になっていない物であれば、私はそのキャラクターを好きになる。同時にその作品を作った監督・原作者を好きになる。

:このような長い加藤の見解はどうでもいいのだけど:

 そうして好きになったこのアニメ。
 『愛』という子がヒロインなのだが、その子は「愛があれば、大丈夫です!!」とよく口にし、愛や正義に基づいた行動で周囲を明るくさせる。けれどこの物語では、そんな彼女に命の選択をさせる場面がある。深くは語らないが、彼女の友達の命と自分の命、どちらかを選ばねばならない時が来る。
 「誰か助けて!!!!死にたくない!!死にたくない!」
 その時彼女は………?
 それではあなたならばどうする??
 
 夢と愛、もし二択しか無いのなら、あなたなはどちらを選ぶ?

 世界平和とは?宇宙からは見えない国境の意味は?

 友人が自分を裏切っていると解ったとき。その友人を殺せと命令が出ていたならば?「お前に俺は殺せない」という友人を前にあなたは銃を向ける。
 あなたならばどうする??

 あるエゴが誰かの救いである時、そのエゴは必ずしも裁くべきか?
 
 正義と正義のぶつかり合う戦争が、「悪」なのは?

 「世界の平和を宇宙から」と願って貧困に苦しむ子供達が打ち上げた記念物。それを「ゴミだから処分しろ」と命令されたとき。そのゴミを回収するあなたはどうする?

 何故?
 戦争において、自分の正義が人を殺し、
 将来にかける自分の強い信念が、友人を陥れ、
 夢を追いかける自分の意志が、愛する人をも不幸にする
 何故?

 そこに答えが本当にあるのだろうか? by加藤レンジャー
 
 :

 とにかく考えさせられる。考えても考えても考えても、私は「うわーん」というものばかりだった。だから胸のつっかえがとれることなく、私たちは考え続けなければならないのだと悟った。全ては私たち人間が撒いた種なのだから。

 とにかく、必見!!考える力を子供に付けさせるために見せるのも良いと思う。けれど社会問題の意味が分かるお年頃になってからが良いかと(^^)答えのない問題にもっと触れるべきだとは、常々思いますね(笑)

【関連情報】今、NHKで放送中らしいですよw
プラネテス公式HPbyサンライズ
NHKアニメワールド「プラネテス」byNHK
↑現在BShiにて放送中(月曜日)。再放送も有り(日曜日)。

 この機会に是非一度見てみてはいかがでしょう。
 まだ面白いか疑っている貴方!!アマゾンレビューを見に行く事をお勧めします。ほぼ全ての人が手を挙げて「傑作だ!!」と絶賛しています。是非!!
[PR]
by katoren | 2005-08-04 10:10 | □お勧め(総合評価★五つ)
<< *-*-*レビュー一覧*-*-* 【啓発本】 人を動かす || ... >>